不動産査定の方法は業者によって異なる場合もあるため注意が必要

  • ここまで不動産査定の比較で、査定額や業者に関してのお話を中心にさせて頂きました。
  • が、実際のところ「査定を行う場合、どのようにして行われるのか?」という部分に触れてきませんでした。
  •  
  • ということで、ここでは、この査定の流れについてお話をしていきたいと思います。
  • 初めて不動産査定を行うのであれば、目を通しておいても損はないかと。
  •  
  • ■基本的には「訪問査定」を行うことになる

  • 不動産査定は、基本的に「訪問査定」を行って査定額が算出されます。 売るにしろ、貸すにしろ、さらには更地にするにしろ、この訪問査定を行ったときの情報で、どの選択肢がよいのか?という判断も行います。
  •  
  • 不動産業者としても、詳しく査定ができ、おおよその目処を付けることができるため、好んで訪問査定をしてくれます。 ただ、アポを取ったり、家の中が見られたりと、実際に訪問してもらって査定を行ってもらうと、意外と面倒と感じてしまう方も多いようです。
  •  
  • ■簡易的な査定であれば目安ぐらいにはなる

  • ちなみに、訪問査定に対するのが簡易査定と呼ばれる査定方法。
  • こちらは、現物を見ずに築年数や立地条件などを総合的に判断して行われることになります。
  •  
  • したがって、あくまで「目安」という位置づけの査定額のため、実際に現物を見たら、大きく額が上下する可能性もあることは理解しておきましょう。 また、業者によっては簡易査定を行っていない場合もあるため注意が必要です。