「大手業者vs個人業者」どちらで売った方がよい?

  • 不動産査定の中でも永遠のテーマと言っても過言ではないのが、大手に売却を依頼するのか?個人業者に売却を依頼するのか?という点。 どちらも一長一短があるため、非常に悩ましいところになるわけですね。
  •  
  • ともあれ、不動産査定という視点だけでものを言えば、とりあえず両方に査定を依頼することは必須作業となります。
  • この査定額の結果を見つつ、自身とその業者との相性も見つつ決めていくことは、ブレてはいけない部分ではありますが。
  •  
  • とはいえ、これだけでは中途半端な記事になってしまうため、以下より「大手業者vs個人業者」について、もう少し掘り下げてお話をしていきたいと思います。
  •  
  • ■個人業者は特定地域では圧倒的に強い

  • 何処の業界もそうですが、大手ではない個人経営の業者さんというのは、非常に小回りがきくため、意外と無理難題を吹っかけても対応してくれることがあります。
  •  
  • 不動産業界でも同様のことが言えますが、特徴的なのは、やはり「特定地域で圧倒的な強さを見せる」ということ。
  • 地域密着型になるため、様々なツテを持っていたりして、意外と高い査定額を提示してくれることがあります。
  •  
  • ■大手業者は様々なサービス面で大きな安心感が得られる

  • 対して、大手不動産業者は「安心感」という大きなメリットがあります。 しっかりと売り切ってくれること、悪徳業者のリスクが小さいこと、サポート体制がしっかりとしていること。 このような安心感を得ることができます。